残業対策を行う会社向けの助成金


ここでは残業の削減に向けて制度を導入する会社が使える助成金を掲載致します。

時間外労働等改善助成金~勤務間インターバル導入コース~


この助成金は職場の労働時間の改善を図り、長時間労働(過重労働)を抑制するため、勤務間インターバル制度を導入した場合に、実施に要した費用の一部を助成するものです。

勤務間インターバル制度とは…
 当日の勤務終了後、翌日の勤務開始までに一定以上の休息時間を設けることで、働く方の生活や睡眠時間を確保し、健康の維持や過重労働を防止するための制度です。

 助成金を受給するには9時間以上、終業から翌日の就業まで時間を空ける必要があります。

支給対象となる取組 
 ※いずれか1つ以上実施が必要です。
 1.労務管理担当者に対する研修
 2.労働者に対する研修・周知・啓発
 3.外部専門家によるコンサルティング
 4.就業規則や労使協定等の作成・変更
 5.人材確保に向けた取組
 6.労務管理用ソフトウェア・機器の導入や更新 
 7.デジタコ、テレワーク用通信機器の導入や更新
 8.労働能率増進に資する設備・機器等の導入・更新



助成額
 休息時間9時間~11時間未満 20万~40万円
 休息時間11時間以上     25万~50万円

助成金のご相談・お問い合わせはこちらから

助成金無料相談受付中!

0120-584-815(受付時間 平日8:30~17:30)

  ●TOPへ戻る  ●助成金一覧  ●料金表  ●助成金申請から受給までの流れ

ページトップへ